教育方針

2022年4月~カリキュラム改正に伴い実施予定

教育理念

地域に暮らす人々のニーズに応じた質の高い医療を提供するという南埼玉郡市医師会の理念に基づき、互いに助け合い、健康で、その人らしく暮らしていくことを支える地域社会の実現に向けて、専門職としての看護を継続できる人材を育成する。
相手のつらさ、痛み、喜びを自分のことのように感じ、些細な変化に気づける感性を育て、問題解決に向けて自ら判断して行動できるバイタリティを育てる。
事象を科学的・理論的にとらえて分析、評価する力、原理原則に基づく看護技術を安全・安楽に実践できる力、自己の行動を分析、評価する力を育てる。
保険・医療・福祉に関する職種と連携・協働し、グローバルな視野を持って地域に暮らす人々に質の高い看護を提供し、健康水準の向上に貢献できる人材を育てる。

教育目的

本校は、学校教育法及び保健師助産師看護師法に基づき、看護専門職として必要な知識、技術、態度を教授し、実践を通して看護に必要なセンスと人間性を育てる教育を行い、多職種と連携・協働しながら社会のニーズに対応して貢献できる有能な人材を育成する。

教育目標(卒業生の特性)

  1. まるごとの人間を理解する力をつけ、相手を尊重し、互いに助け合いながら、人間関係を築くことができる。
  2. 看護とは何かを理解した上で、倫理的な判断を基に専門職としての責務を自覚し、その人らしさを大切にする看護を実践することができる。
  3. 論理的な思考、科学的根拠に基づいた健康状態に応じた看護を実践することができる。
  4. 「暮らし」のある地域に目を向け、対象のQOLの向上を目指した健康的な暮らしができるように看護を実践することができる。
  5. すべての人々が健康に暮らせる社会の実現のために、広い視野を持ち、多職種と連携・協働しながら看護を実践することができる。
  6. すべての人々に質の高い看護を提供するために、向上心をもち、学び続ける力を身につけることができる。
  7. 社会情勢の動向に関心を持ち、看護を創造する力を身につけることができる。